できたてホヤホヤ・・・。ぼちぼち面白記事を書いていきたいです・・・('。`)

    タグ:カオス

    ブログネタ
    アート!アート!アート! に参加中!

    【画像】何だか不安になる無駄にクリエイティブなトイレの数々!!

    なんとなく不安になる、無駄にクオリティの高いクリエイティブなトイレの画像の数々です。
    トイレの機能は向上して、暖かかったり音が静かだったり、いつも綺麗だったりするものが多いですが、別角度から頑張ったクリエイティブなトイレの写真をご覧下さい。


    【画像】何だか不安になる無駄にクリエイティブなトイレの数々


      【【画像】何だか不安になる無駄にクリエイティブなトイレの数々!!】の続きを読む

    ブログネタ
    ワロタ に参加中!

    密室のエレベータ内で蜂の大群を逃がす感じのドッキリが酷すぎる!

    密室のエレベータ内で大量の蜂が逃げているように見せかけているドッキリがあったのですが、発想も演出も色々酷すぎるのでご紹介です。。


    (動画)




    蜂が逃げ出すイタズラ1

    全身防備で蜂の入っている感じがする箱を持ってきます。
    中身はスピーカーでブンブン大量の蜂の羽音が鳴っているようにセットされています。


    【【動画】密室のエレベータ内で蜂の大群を逃がす感じのドッキリが酷すぎる!】の続きを読む

    ブログネタ
    おすすめゲーム に参加中!

    ハメ、待ち、当て逃げ、固め!何でもありのスト2レインボーの大会が酷すぎて面白い!!

    対戦格闘ゲームの原点ともいえるストリートファイター2、略してスト2ですが、初代からスト2ターボ、スト2ダッシュそれからスト3~スト5など色々と進化していきました。

    そんな中、ストリートファイター2レインボーなんてものが存在していたようです。
    版権とかが色々ゆるかった次代なのか?よくわからない会社がスト2を改造して、あらゆる要素を解禁してかなりカオスなスト2レインボーを作ったようです。それで、その大会の動画がありましたww


    (動画)



    スト2レインボーの大会が酷すぎて面白いの画像2

    波動拳が上下二発同時にでて、異常に遅くて連発できます。



    【ハメ、待ち、当て逃げ、固め!何でもありのスト2レインボーの大会が酷すぎて面白い!!】の続きを読む

    ブログネタ
    ネタ画像 に参加中!

    ちょっと癒されるカオスな感じの怪しい人たちの写真!

    ちょっと癒される、怪しくてカオスな感じの人たちの写真です。
    怪しい人は沢山いますが、警戒レベルが低くてユーモアがあり、その気持ちがなんとなくわかる人たちは見ていて癒されてしまいます。

    狙っている写真から、たまたま撮れた怪しい写真、ちょっと犯罪かもしれなくも無い写真もありますが、その辺はエクストリームな何かということで良いのではないでしょうかww


    ちょっと癒されるカオスな感じの怪しい人たちの写真!の画像(1枚目)

    高いところ大好き。顔が特定できないのでセーフ?




    【ちょっと癒されるカオスな感じの怪しい人たちの写真!】の続きを読む

    ブログネタ
    ネタ画像 に参加中!


    こんな商品が欲しいけど売ってない。高価で買えない。修理したいけど部品が足りない。
    そんな時どうしますか?諦めてしまう事も選択肢ですが、創意と工夫と気合で何とかするというのも選択肢の一つです。

    タダ同然で何とかできるなら、その選択をするしかない!という熱意からへんな方向にがんばった人たちの写真の数々です。



    足らなければ創意と工夫と気合で補う!そんな手作りガジェットの画像の数々!!の画像(1枚目)

    車の修理は手ごろでどこにでもあるナンバープレートで・・・
    (他人のじゃなきゃ良いけど・・・いや良くないけど・・・)


    【足らなければ創意と工夫と気合で補う!そんな手作りガジェットの画像の数々!!】の続きを読む

    ブログネタ
    風景写真 に参加中!

    上空120m!断崖絶壁に設置された巨大なハンモック!の画像(1枚目) 


    断崖絶壁、渓谷の地上120mに設置された巨大ハンモックの画像の数々です。 ハンモックといえば2本の木にかけられた、のんびり横になれるネットや布状のベットのようなものを想像しますが、エクストリームな感じの方の発想になると少しちがうようです。大きさは5人以上が乗っているので、8畳くらいはありそうです。


    【上空120m!断崖絶壁に設置された巨大なハンモック!】の続きを読む

    このページのトップヘ