3Dプリンタで作った実物大のバイクの模型が凄いです。

実際にエンジンが動いて乗れるわけではないのですが、この実物大の大きさの迫力はなかなか凄いと思います。


【画像】

3Dプリンタで作った実物大のバイクの模型02



3Dプリンタで作った実物大のバイクの模型03


(動画)




近くで見ると、細かな継ぎ目があるので、3Dプリンタで作成できる限界の大きさのパーツを作成してつなぎ合わせているんだと思います。


(その他の画像)

3Dプリンタで作った実物大のバイクの模型04



3Dプリンタで作った実物大のバイクの模型05



3Dプリンタで作った実物大のバイクの模型06


エンジンの内部まで再現できているわけではないみたいですが、細かなところまで忠実に再現できているようです。

3Dプリンタで作成したということは、縮尺も可能だと思うので、1/12とか1/16とかのスケールで作れば、プラモデルとほぼ同じですね。


でもこれができるということは、プラモ業界の未来はどうなるんでしょうか。
著作権があるので、無法地帯にはなりにくいと思いますが・・・。