本を洞窟のように見立てて、そこに住む人たちをイメージしたミニチュアが凄いです。

アーティストのカイル・カークパトリックさんの作品なのですが、本の古さと洞窟の不気味な魅力で、ちょっと不思議な雰囲気をかもし出しています。

【画像】

本の洞窟に暮らす人たちのミニチュア02



本の洞窟に暮らす人たちのミニチュア03



本の洞窟に暮らす人たちのミニチュア04


本の中に3Dの迷路のような洞窟があると思うと、ちょっとワクワクしてきます。

これが本当に動く人なら、見ていて飽きないでしょうね。

というか、この本の洞窟を好きなように作って、蟻を入れて飼育してみても面白いかも知れないですねwww



(その他の画像)

本の洞窟に暮らす人たちのミニチュア05



本の洞窟に暮らす人たちのミニチュア06



本の洞窟に暮らす人たちのミニチュア07



本の洞窟に暮らす人たちのミニチュア08



本の洞窟に暮らす人たちのミニチュア09


本は古本などの捨てる予定のものをリサイクルして使っているとのことで、地球にも優しくて、ちょっと面白いアートになっているようです。

洞窟を見ると、なんとなく心ときめくのは男のロマンだと思いますが、不思議な本の洞窟の中を探索する人が、なんとなく楽しそうに見えてきます。