食用で販売されていた犬を買って、食べずに飼ってみた人の画像の数々です。

海外では犬を食べる人たちがいるようですが、そこで販売されている犬を見て、かわいそうで買い取ってから救ってあげたようです。

【画像】

食用で販売されていた犬の画像(3枚目) 



食用で販売されていた犬の画像(2枚目) 


気の良さそうなお兄さんのような人が、袋に入れられた犬を買い取っています。

正確な年齢はわかりませんが、子犬ではないので生まれてから1年くらいは経っているのでしょうか・・・。


(その他の画像)

食用で販売されていた犬の画像(4枚目)



食用で販売されていた犬の画像(5枚目)



食用で販売されていた犬の画像(6枚目)



食用で販売されていた犬の画像(7枚目)



食用で販売されていた犬の画像(8枚目)



食用で販売されていた犬の画像(1枚目) 


犬の表情から、完全に安心しきって幸せそうなのが伝わってきます。
売るために、酷い扱いを受けたワンちゃんなんだと思いますが、そんな経験があってもここまで人間と仲良くなれるんですね。。


古くからの習慣ということで、今も犬を食べているんだと思いますが、ほかにも食べ物がある状況で、人間と信頼関係を築くことができる犬を、わざわざ選んで食べるのもいかがなものかと思ってしまいます。

ただ日本でも普通に食べているものの中にも、信頼関係を築くことができる動物がいると思うし、日本や世界各国にも保健所に沢山のワンちゃんがいると思うので、そのあたりを考えると完全に良い悪いを判断するのも難しいような気もします。。