大きな木の枝や幹が、そのままテーブルの足となって支えているテーブルがなんだか魅力的です。

加工されてキッチリとしている普通のテーブルとは違い、切り倒された木がそのままの状態で設置されて、不規則な形をしていますが、何となく美しさを感じられるデザインに感じてしまいます。

【画像】

木の枝や幹がそのまま支えるテーブルの画像(5枚目)


木そのままでも、良い感じのテーブルになりそうですが、黒色で統一することで、スタイリッシュな雰囲気に仕上がっているよう思えます。


(その他の画像)

木の枝や幹がそのまま支えるテーブルの画像(1枚目) 



木の枝や幹がそのまま支えるテーブルの画像(2枚目) 



木の枝や幹がそのまま支えるテーブルの画像(3枚目) 



木の枝や幹がそのまま支えるテーブルの画像(4枚目) 


木の幹が黒く塗られることによって、太陽に照らされた木の陰が、時々美しく感じるような感覚の美しさが表現されているように思えます。


耐久性とかが気になりますが、普通のテーブルとは違って、ポッキリ折れる前にいい感じでしなって、対応できる重量を知らせてくれるんだと思います。