今にも死んでしまいそうな野良犬を保護して救った時の、保護する前と保護して元気になった時の比較画像の数々です。

誰にも助けられず死んでしまう犬や猫が沢山いますが、保護されて幸せになった犬も猫も沢山いるんだと思います。

【画像】

野良犬が保護された後の画像(1枚目) 



野良犬が保護された後の画像(2枚目) 



野良犬が保護された後の画像(3枚目) 


保護される前は、ゴミが動いているとしか思えないくらい悲惨そのものといった状態ですが、保護されてしっかり治療されて美味しいものを食べるとここまで回復して可愛くなるようです。


(その他の画像)

野良犬が保護された後の画像(4枚目)



野良犬が保護された後の画像(5枚目)



野良犬が保護された後の画像(6枚目)



野良犬が保護された後の画像(7枚目)



野良犬が保護された後の画像(8枚目)



野良犬が保護された後の画像(9枚目)



野良犬が保護された後の画像(10枚目)



野良犬が保護された後の画像(11枚目)



野良犬が保護された後の画像(12枚目)



野良犬が保護された後の画像(13枚目)



野良犬が保護された後の画像(14枚目)



野良犬が保護された後の画像(15枚目)



野良犬が保護された後の画像(16枚目)



野良犬が保護された後の画像(17枚目)



野良犬が保護された後の画像(19枚目)



野良犬が保護された後の画像(18枚目) 


厳しい自然の中で死んでしまう犬や猫がいる反面で、助けられて幸せになった犬や猫も沢山います。全体のプラスマイナスみたいな数値で考えることはできませんが、犬や猫が生きていく環境のなかで起こることなので、どちらが良いとか悪いとかは一概には言えないような気がします。

そもそも大自然の中では、厳しい自然環境の中で生き残りをかけた戦いが常に行われているので、犬や猫だけ生きている全ての犬猫が幸せに暮らすのは出来ないでしょうから。。

とりあえず、保護された動物達が幸せになって、まわりの人も癒されて幸せならそれで十分なんです。きっと・・・