ロッククライマーの凄さや恐ろしさが伝わってくる、高所での記念撮影の画像の数々です。

普通の人は絶対に登らないし、登れないような崖をヒョイヒョイ登ってしまうロッククライマーの人たちの凄さがなんとなく伝わってきます。。

【画像】

ロッククライマーの凄さの画像(1枚目) 


壁の角度が90度超えています。
岩の突起も少なそうで、どうやってこんな所に登れるのか本当に不思議です。。


(その他の画像)

ロッククライマーの凄さの画像(2枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(3枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(4枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(5枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(6枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(7枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(8枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(9枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(10枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(11枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(12枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(13枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(14枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(15枚目)



ロッククライマーの凄さの画像(16枚目)


写真のいくつかの崖では、本当に突起が無いように見えます。
ボルダリングも凄いとは思うのですが、本当の岩を登るロッククライミングは、ロープが外れ無い保証がないし万が一、落ちてしまったら本当に死んでしまうので怖すぎます。。

何かのロッククライマーの動画で「着ている衣類が約250gくらい軽くて高性能なのは凄いことだ。250gといえば私の1日分の食事に匹敵するんだ」的なコメントを思い出しましたが、そんな細かな重さが重要になってくるような状況に挑んでいるので、身体能力とかも凄いんでしょうねー。