石炭や石油から生み出されることが有るタールですが、天然のタールの池も存在するようで、そこにはまってしまった犬の救出から復活までの様子です。

石油タンカーが座礁して真っ黒なオイルまみれの鳥が写されることがありますが、それの犬版みたいな感じで、ほぼ瀕死のように見えますが、近隣の獣医さんたちの活躍により、何とかワンちゃんが復活したようです。


【画像】


【画像】タールだらけのオイルまみれの瀕死の犬の救出から復活までの様子の画像(3枚目) 

犬というより、オイルの化身といった感じの生物に見えます。
口とか鼻とかからタールが入って大変そうです。体とか下手に舐めたりしたら色々体に悪そうですし。。


(その他の画像)

【画像】タールだらけのオイルまみれの瀕死の犬の救出から復活までの様子の画像(2枚目)







【画像】タールだらけのオイルまみれの瀕死の犬の救出から復活までの様子の画像(4枚目)



【画像】タールだらけのオイルまみれの瀕死の犬の救出から復活までの様子の画像(5枚目)



【画像】タールだらけのオイルまみれの瀕死の犬の救出から復活までの様子の画像(6枚目)



【画像】タールだらけのオイルまみれの瀕死の犬の救出から復活までの様子の画像(7枚目)



【画像】タールだらけのオイルまみれの瀕死の犬の救出から復活までの様子の画像(8枚目)



【画像】タールだらけのオイルまみれの瀕死の犬の救出から復活までの様子の画像(1枚目) 



【画像】タールだらけのオイルまみれの瀕死の犬の救出から復活までの様子の画像(9枚目)


救出した当初は、ヌメヌメしすぎて何の動物か判別できないくらいの状態に見えます。頭の状態からオットセイとかアシカのようにも見えてしまいます。
とりあえず、ワンちゃんが復活したみたいですが、タールの池にはまった犬のほうも何が無いやらといった感じでしょうね。。


単なるため池とかに見えたんですかね。犬は認識できる色が少ないとか言われているので、見分けつきにくいんですかね?臭いでわかってくれよとか思いますけどwww

とりあえず、元気になってよかったです。。