ちょっとした工夫で邪魔なものがスッキリする収納術が色々あると思いますが、自転車も工夫次第でスッキリとかっこよく収納できるようです。
そんなカッコよくスッキリと自転車を収納している工夫の数々をご覧くださいww

【画像】

ちょっとした工夫で自転車の収納がカッコよくなる!の画像(1枚目) 

棚の真ん中にタイヤを挟める溝をつけると、簡単に自転車が収納できます。
ロードバイクとかはみてるだけでもワクワクするくらいカッコ良いので、部屋のインテリアにもなる乗物だと思います。


(その他の画像)

ちょっとした工夫で自転車の収納がカッコよくなる!の画像(2枚目)



ちょっとした工夫で自転車の収納がカッコよくなる!の画像(3枚目)



ちょっとした工夫で自転車の収納がカッコよくなる!の画像(4枚目)



ちょっとした工夫で自転車の収納がカッコよくなる!の画像(5枚目)



ちょっとした工夫で自転車の収納がカッコよくなる!の画像(6枚目)



ちょっとした工夫で自転車の収納がカッコよくなる!の画像(7枚目)



ちょっとした工夫で自転車の収納がカッコよくなる!の画像(8枚目)

小さな棚でも、タイヤを挟める溝があれば簡単に自転車を立てれるようです。
ロードバイクでもクロスバイクでも高価でカッコいいものがたくさんあるし、値段が高くなるにつれ盗難のリスクと、無くなったときの心のダメージが大きくなると思うので、こんな感じで簡単に自転車を収納できたら良いのではないでしょうか。

大きな棚に置くのは、長期保管には良いと思いますが、自転車を出し入れするのが面倒になりそうなので、とりあえず自転車の片輪で立てる感じにするのが気軽で良いような気がします。引出しには自転車の工具も入りそうですしww