ずっと昔、1939年頃に作られた南極探索用の自動車がなんだか凄いです。
この自動車を南極探索のために、探査用の船に載せて、南極へ向かったようです。

【画像】

【画像】ずっと昔に作られた南極探索用の自動車がなんだか凄い!の画像(1枚目) 

巨大な車体に、更に大き目のタイヤ。エンジンはディーゼルエンジンということらしいです。


(その他の画像)

【画像】ずっと昔に作られた南極探索用の自動車がなんだか凄い!の画像(2枚目)



【画像】ずっと昔に作られた南極探索用の自動車がなんだか凄い!の画像(3枚目)

車体はツルツルで、雪や雨に強そうです。
おそらく断熱もしっかりとされて、極寒の南極でも耐えれるような構造になっているんだと思います。


【画像】ずっと昔に作られた南極探索用の自動車がなんだか凄い!の画像(4枚目)



【画像】ずっと昔に作られた南極探索用の自動車がなんだか凄い!の画像(5枚目)

難局探索用の自動車の運転は、自動車というより戦車に近い感じでしょうか。


【画像】ずっと昔に作られた南極探索用の自動車がなんだか凄い!の画像(6枚目)



【画像】ずっと昔に作られた南極探索用の自動車がなんだか凄い!の画像(7枚目)



【画像】ずっと昔に作られた南極探索用の自動車がなんだか凄い!の画像(8枚目)



【画像】ずっと昔に作られた南極探索用の自動車がなんだか凄い!の画像(9枚目)



【画像】ずっと昔に作られた南極探索用の自動車がなんだか凄い!の画像(10枚目)



【画像】ずっと昔に作られた南極探索用の自動車がなんだか凄い!の画像(11枚目)



【画像】ずっと昔に作られた南極探索用の自動車がなんだか凄い!の画像(12枚目)

船に乗せるとこんな感じでかなりじゃ・・・かなりの存在感です。


(動画)
 


このなんとも言えない見た目の難局探索用の自動車ですが、飛行機を上に載せることができるうえに、自動車の内部で就寝可能で、交換用のタイヤも装備していたようで、南極大陸のかなりの長距離を探検するために作られたようです。

南極探索用の自動車


でも最終的には、ディーゼルエンジンの不調、想定外の障害物などにより走行不能になり、南極大陸に破棄されてしまったようです。

今なら、この南極探索用の自動車を見たとき、ほとんどの人はこりゃダメだろ・・・。と思うかも知れませんが、昔々は南極なんて月や火星くらい未知の領域で、情報なんてなかったんでしょうから、情報がほとんど無い中で、この車なら100%大丈夫と思って開発したんでしょうねと思いました。

とりあえずロマンは感じる、いい感じのデザインだと思いますww