今話題のドローンですが、シンプルで防水!簡単に操作でき高性能なドローンができたようです。開発者は空飛ぶ自動追尾カメラでドローンの進化系と豪語しているようですが、本当にこれは次世代のドローンといっても過言ではないと思います。
シンプルで更に防水性能が加わることで、あらゆる環境で使用可能になり、ドローンの用途が更に広がっています!


【動画】





(画像)

次世代ドローンが凄い!_000007073

このドローンの名前は「Lily」というそうです。丸くてセンサー的なところが目のように見えて笑顔に見えます。



(その他の画像)

次世代ドローンが凄い!_000012445

放り投げるとそのまま飛び立ちます。


次世代ドローンが凄い!_000022355

自動追尾で動画撮影してくれます。


次世代ドローンが凄い!_000029462

手の上に着陸できるので、着陸するのに安全な平地を探す必要がありません。


次世代ドローンが凄い!_000044161

撮影モードはいくつかあるみたいで、こちらは側面から撮影するモード。


次世代ドローンが凄い!_000052731

Lily専用の丸いリモコンは、腕時計のような防水ケースに入れることができます。


次世代ドローンが凄い!_000058863

Lilyは防水なので水に入れても大丈夫です。


次世代ドローンが凄い!_000059495

しかも水の中から飛び立ちます!!



次世代ドローンが凄い!_000065950

なので、川の付近で色々撮影しても大丈夫。
こちらは後ろから撮影するモード。


次世代ドローンが凄い!_000069635

前から撮影するモード。


次世代ドローンが凄い!_000071159

シンプルなので持ち運びは簡単です。適当にバックに入れておけるようです。


次世代ドローンが凄い!_000079062

こんな何もしらなそうなお婆ちゃんでもLilyなら大丈夫。

次世代ドローンが凄い!_000080878

お婆ちゃんが投げればLily飛んで行きます。
お婆ちゃんがスイッチさえ入れ忘れなければ大丈夫です。


次世代ドローンが凄い!_000084119

自分の周りを回る撮影モードがあります。


次世代ドローンが凄い!_000090372

Lily専用のリモコンを使えば、自動撮影以外にも任意で撮影することもできるようです。


Lilyのサイズは下記のとおりです。

次世代ドローン「Lily」が凄い!

Lilyのサイズは中型といった感じでしょうか。重さは1.3kgなので軽くはないですが、性能を考えればこれくらいの重さなら許せる気はします。
Lilyの色が白ければアップルの商品と間違えられてもおかしくはない感じのデザインなきがします。

お値段は499~999ドル。やっぱりちょっと高いですかねww
でも身近なドローンもこんな感じの方向で進化していきそうな気がしますので、こんな感じの性能で軽量、小型、低価格なドローンも今後ぼちぼち出てくるんですかねー。